家屋修復工事施工手順

状況に応じ施工方法は変えさせて頂きます。
ここでは、主である 鋼管杭圧入工法・耐圧ブロック圧入工法をご紹介させて頂きます。

①対象家屋の現状調査

家屋の目視による調査を行う
扉等の不具合・ひび割れなどを確認し施主様との聞き取り調査
図面がある場合はそちらも参照させていただきます。

②地質調査及び家屋レベルの調査

地盤の詳細が不明な場合サウディング調査等、簡易な方法で地質調査を実施し、データを記録する。
また、家屋レベル計測を行い、傾斜、沈下状況を把握しそれを元に施工法を決定する。

③掘削及び斫り工

家屋をジャッキアップするにあたり、その作業を確保するため、家屋基礎直下の地面を方形状に掘削する。

- 耐久ブロック圧入 -

- 鋼管圧入 -

④耐久ブロック圧入・鋼管圧入

土質調査の結果に応じ、施工方法を 地盤改良(薬液注入工法)、耐圧ブロック工法、鋼管工(アンダーピーニング工法)を提案いたします。

・耐久ブロック圧入

- 耐久ブロック -

ブロック圧上部にジャッキをセットし、反力を利用し耐久ブロックをジャッキにて圧入する。
この工程をブロック杭がジャッキアップに足る荷重に達するまで繰り返す。

・鋼管圧入

- 鋼管 -

家屋基礎下に鋼管及び油圧ジャッキを設置、反力を利用し鋼管をジャッキにて圧入する。
一本目の鋼管が完了したら次の鋼管を取付け溶接する。 以後、鋼管杭が支持地盤に達するまでこの工程を繰り返す。

⑤ジャッキアップ

圧入完了後全箇所に油圧ジャッキを設置し家屋の修正を開始。
基礎・外壁の異常及び家屋レベルを常時監視しながら 少しづつジャッキアップさせ所定レベルまで沈下修正を行う。

⑥セメントミルク充填・杭頭本受け

・耐久ブロック圧入
修正が完了したら、端部耐久ブロック・中間耐久ブロックとの間の隙間にセメントミルクを充填し杭を連結一体化する。

・鋼管圧入
修正が完了したら、支持杭と基礎との間にスペーサーを取付油圧ジャッキを撤去する。

⑦埋め戻し・復旧

掘削カ所に良質土及は流動化材で復旧をする。
その他の異常は別工事にて修復を検討し、施工を行う。